施術による効果

レントゲン

近年、抜け落ちた歯を補う歯科治療として、インプラント治療が最も優れた治療方法であると認識されています。治療方法としては、抜け落ちた歯の下の歯茎にチタン製の合金を埋め込み、その上に義歯を作成し、抜け落ちた歯を補います。 インプラント治療が行われる以前には、入れ歯治療とブリッジ治療が代表的な治療方法として行われてきましたが、自分の健康な歯に金具を固定したり、健康な歯を削る必要があるため、インプラント治療が、健康な歯を傷めない方法として注目されるようになりました。 ただし、インプラント治療にも欠点はあり、歯茎が弱っていると合金を埋め込めないという欠点があります。このため、現在抜け落ちた歯を補う治療方法としてはこれら3つの方法が、患者の状態に合わせて行われています。

インプラント治療が、入れ歯やブリッジと比較して、優れた治療方法であるということは、一般的にも認識されているとは思われますが、インプラント治療には、治療費が高額になるという欠点があります。 治療費が高額になる理由としては、医療保険が適用されないという点にあります。 しかし、現在、重症度によっては保険が適用されるケースも認められるようになりました。このため、将来的にはインプラント治療の保険適用の幅が広がる可能性も広がったと言えるでしょう。 現在、インプラント治療を行いたくても、金銭的理由から、入れ歯やブリッジを行い、健康な歯まで傷めてしまっている患者が多く見られます。 少なくとも美容インプラント以外の保険適用が望まれます。